カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介

私が店長です
はじめまして!


中村大次(健康管理士一般指導員)と申します。


あなたは「腸内細菌」、「腸内フローラ」、「善玉菌」、「悪玉菌」、「腸活」といった言葉を聞かれたことありますか?


ここ数年、多くのメディアでも取り上げられ今とても注目されていますネ。


それは何故か?


実は、腸内細菌善玉菌の働きは、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、心臓病、脳卒中、がん…)を予防するからなのです!


「医療に頼らず、健康で、長生きする」ことは、老若男女問わず、誰もが願うことです。


いくらお金持ちでも、社会的地位や名誉があっても、「健康」でなければ本当に幸せとはいえません。


では「医療に頼らず、健康で、長生きする」ためには、何をすればよいでしょう?


それは「腸内フローラ」を「善玉菌状態」にすることです。


では「腸内フローラ」を「善玉菌状態」にするにはどうすれば良いのでしょうか?


一般的には「乳酸菌」が良いといわれています。


しかし、「乳酸菌」といっても多種多様、どれも同じではありません。


『腸内フローラ』への関心が高まり、一億総乳酸菌摂取時代に突入した今、多様な乳酸菌群の中から、どれを選択すべきか、一日にどれだけ摂取すべきかが問われています。


これがとても重要なのです。


当店がおススメしている スーパーエリート乳酸菌『エンテロコッカスフェカリスAD101株』通称『コッカス菌』は、今から40年以上も前にヒトの腸内より発見されました。(他の多くの市販されている乳酸菌は、豚、牛、羊など動物の腸内から発見されたものがほとんどです。)


そして、多くの医師・専門家の研究によってヒトの健康に優れた働きをしていることが科学的に証明され、12以上もの特許を取得した優れた乳酸菌です。


一般的には「フェカリス菌」という名称で呼ばれています。


今では、このフェカリス菌は、みなさんの身近な多くの食品や飲料に入れられてコンビニやスーパーで販売されています。


しかし、同じフェカリス菌でもその菌株によって性質は大きく違い、飲む量によっても健康に与える影響は大きく違ってきます。


「乳酸菌」を選ぶポイントは、「乳酸菌」の『菌株』と『菌数』です。


私は、金沢市在住でスーパーエリート乳酸菌『コッカス菌』研究の国内第一人者である越浦良三先生(元北陸大学学長、薬学博士)と出会い、先生の強い信念に共感し、その想いを少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。


そこで、スーパーエリート乳酸菌『コッカス菌』に関することを先生に直接学びながら、多くの人に、科学的エビデンスを元に真実をお伝えしています。


先生は、現在、満98歳です。【2022年(令和4年)7月現在】


コッカス菌研究で国内最長老の先生の願いは、乳酸菌についてもっと多くの人に正しく理解してもらい、体の中から健康で病気にならない強い身体を作り上げてほしいというものです。


「コッカス菌を飲んでおれば、ヒトは健康で長生きできる。」というのが先生の強い信念、持論です。


はじめて、スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」のことをお聞きになるという方は、 スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」とは一体どんなものなのか? 


何故「コッカス菌」が体に良いのか?


他の多くの乳酸菌とどう違うのか?


何故、これ程優れたものが余り知られていないのか?(実は40年以上も前に発見されて以来、全国で300万人以上に愛用されている隠れた超ベストセラー・ロングセラー商品なのです。)


等々、素朴な疑問が次々と湧いて出て来ることと思います。


そこで、なるべくわかりやすくご説明させていただきたいと思います。


そして、一人でも多くの人が、私たちの腸内フローラにとってとても重要な乳酸菌、腸内細菌について正しい認識を持ち、健康で長生きしていただきたいと思っています。


スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」は、あたなとあなたの大切な家族を腸内から強力にサポートしてくれます。


当店では、元北陸大学学長、薬学博士、コッカス菌研究国内第一人者の越浦良三先生がご推薦されている優良品をおすすめしています。


「コッカス菌」パワーは本当に凄いんです。


宜しくお願い致します。


中村大次


PS.
乳酸菌は一般に健康に良いと思われていますが、乳酸菌と一口に言っても様々な種類があります。


ほとんどの人は、どれも同じだと思っています。


しかし、これは大きな間違いです。


乳酸菌はどれも同じではありません。


同じ人間でも100mを9秒台で走ることのできる天才スプリンターもいますが、ほとんどの人は9秒台では走れません。


コッカス菌がスーパーエリート乳酸菌またはアインシュタイン菌と呼ばれる理由は、他のどの乳酸菌より優れているからです。


12以上の特許取得済み、数々の科学的エビデンスがそれを証明しています。


そして、同じエンテロコッカスフェカリス属の乳酸菌は、 既に多くの大手食品メーカー、飲料メーカー、製薬会社等がそれぞれ独自製品を開発し、販売しています。


これは、実に喜ばしいことです。


越浦先生も、とても喜んでおられます。


只、まだほとんどの人は、広告宣伝に翻弄され、どんな乳酸菌製品を飲めば本当に健康に良いのだろうと戸惑っているのではないでしょうか。


コッカス菌メーカーの販売方針は、広告宣伝を一切しない というのが基本です。


ですから、本来、ほとんどの人は、コッカス菌の存在すら知らないと言ってよいでしょう。(繰り返しになりますが、実は40年以上も前に発見されて以来、全国で300万人以上に愛用されている隠れた超ベストセラー・ロングセラー商品なのですが…。)


たまたま当サイトを訪問して下さって、これをご覧になられている方とは、まさに奇跡の「出会い」です。


せっかくのあなたとの奇跡の「出会い」ですから、あなたには決して表には出てこない乳酸菌の真実の世界、コッカス菌の真実をお教えします。


この「出会い」に感謝いたします。


長くなりましたが、これから楽しく乳酸菌について、腸内フローラについて、ご一緒に学びましょう♪♪


そして「医療に頼らず、健康で、長生きする」ことを目指しましょう♪♪


末長く、宜しくお願い致します。
フリーページ
お客様の感想・体験談



Check



    生活習慣病(高血圧・糖尿病・高 脂血症)
    の原因と解決法とは?




■あなたは大丈夫?『生活習慣病』(高血圧・糖尿病・ 高脂血症)

『生活習慣病是正対象者は、今や8,500万人 』もいます!

1.生活習慣病是正LSM(Life Style Modification)対象 者8,500万人

(1) 高血圧症是正LSM対象者               ⇒ 4,000万人
(2) 糖尿病是正LSM対象者                ⇒ 2,500万人
(3) 高脂血症・肥満症是正LSM対象者           ⇒ 2,000万人
2. 医療施設(病院・診療所・保健所等)で対処可能人数   ⇒ 700万人



  ■現在の医療システムでは 対症療法※は出来るが、根本治療はできない

糖尿病患者は常にインシュ リン注射を打ち続けなければなりません。

高血圧症患者は降圧剤を生 涯飲み続けなければなりません。

ガン治療患者は5年の延命を目指すという言い方からして 、人間本来の天寿を全う出来るわけではありません。

対症療法 (expectant therapy)…病気の症状を和らげ、苦痛を軽減 するための治療。病気の原因除去を目的とした原因療法 (causal therapy)と区別される。たとえば、風邪薬は発熱 、頭痛、鼻水、咳などの症状を改善させるための対症療法 であって、風邪の原因であるウイルスの活動を抑える原因 療法ではない。一方、細菌によって肺炎をおこした場合の 抗生物質の使用は、原因である細菌の繁殖や活動を抑制す る目的であり、原因療法である。



■解決策はあるのか?

仮に、700万人が医療システムで対処可能として、残りの 7,800万人の生活習慣病是正LSM対象者はどうすればよいのでしょうか?

何らかの形で、自分で自分の健康をまもらなければならない自己防衛人口ということになりますが、果たしてその解決策はあるのでしょうか?

解決策がないので、メタボを含む生活習慣病是正LSM対象 者が増大。これは国民医療費を見れば明らかです。



■国民医療費・老人医療費の見通し

国民医療費・老人医療費の見通

し
◎国民医療費は、2004年32兆円、2025年69兆円(2.2倍)

◎老人医療費は、2004年11.5兆円、2025年34兆円(3倍)

医療費は経済成長率を上回る3%〜4%で伸びており、やが て財政破綻します。



■急増する生活習慣病

急増する生活習慣病

1955年を1とした生活習慣病の受療率は、2005年には糖尿病が30倍、脳血管性疾患が18.6倍、高血圧疾患が8.4倍、 心臓疾患が5.5倍に増加しています。

表を見てもわかる通り、食文化の変化がメタボを含め生活 習慣病の原因であることは明らかです。



■日本人の食生活が欧米食文化となって、生活習慣病が急増

日本人の食生活の変化

欧米食文化の特徴である動物性脂肪摂取量は1955年を1とすると、2005年には4.2倍、動物性蛋白質も1.7倍。

これに対し、エネルギーと炭水化物はほとんど変化が見られません。



■そこで、解決策がこれだ!

科学が進歩し、医学が発達しても増え続けるメタボを含む 生活習慣病、あるいは国民医療費の増大に対する抜本的解決策は、今のところ見当たりません。

解決策がないので、増え続けているのです。それは食文化の問題であり、科学や医学のカテゴリーの問題ではないのです。

では、どうするか?



■食文化が引き起こした問題は、食文化で解決する

科学や医学の進歩の成果を取り入れて進化している現行の 医療システムや特定保健用食品の考え方、あるいは、一般的な健康食品の考え方では、問題を解決出来ていないという現実を考える時、その原因はどこにあるでしょうか?

明白なことは、問題の認識とアプローチのパラダイム(考 え方)が、解決のためのカテゴリーの外にあるということ です。

個々の病気や不健康が発生した後に、対症療法的、事後的に個々に対処するパラダイムでは、抜本的解決策にはなら ないのです。



■これが解決策だ!

この問題を解決するパラダイム(考え方)は、それら病気や不健康という事象が発生する以前の段階で対処すべきパ ラダイム。

つまり、食文化の欧米化が問題発生の根源だから、この食文化の次元で対処すべき問題であるという認識が重要です 。

まるごとの食文化を変革させるパラダイムに立つことで問題を解決する!

厚生労働省が、主食、主菜、副菜をバランス良く摂る食事をすすめているのも、食文化こそ問題だと認識しているからです。



具体的解決策

この食文化の問題を解決するため、アトムバランス栄養学 を提唱し、具体的な食文化としてアトムバランス栄養食の定着を計るのです。

即ち、アトムバランス栄養学によるアトムバランス栄養食の普及によって、生活習慣病の原因の欧米食文化、動物性脂肪摂取過多の食文化を克服するのです。



■アトムバランス栄養食とは?

人間は食事によって、その食べた食物の栄養によって生かされている。栄養が体をつくり、各組織、即ち器官や臓器をつくり、その働きをつくり出しています。

栄養が全てをつくり出している。栄養バランスが崩れれば 健康が損なわれ、それが過度になれば病気になります。

ところで、栄養が組織やその働きをつくり出す時、それは 栄養という化学物質がそれぞれの必要な反応相手を選び、 化学反応することでつくり出されます。

各種栄養による動的な化学反応の結果として、DNAが働き 、酵素が働き、組織がつくられ、働きがつくられ、生命が 維持されるのです。

この時、各組織やその働きは、アトムレベルの栄養がバラ ンスよく供給されないと、十全に化学反応が出来ず、機能しないので、この十全性を獲得することが重要になります 。

このバランスの十全性を獲得する栄養の理論を、桶の理論(最小養分律)といいます。

栃久保教授の桶の理論



理想(栄養バランスしている)の桶、水漏れ(栄養のアン

バランス)の桶

例えば、桶の理論で栄養バランスを獲得していれば、余分 なカロリー摂取は不要です。

この桶の理論(最小養分律)は、アトムレベルでの栄養のバランスということになります。

例えばカルシウム2に対し、マグネシウム1の割合で摂ることにより、はじめてカルシウムが細胞に取り込まれます 。

つまり、機能としての化学反応が成立します。

例えば、鉄アトム1個と、窒素と酸素と炭素と水素よりなるプロトポルフィリンが化学反応してヘムとなり、グロビ ンと化学結合してヘモグロビンとなり、血液を全身に循環させるという具合です。

桶の理論の栄養バランスが十全に満足される時、アトムの 動的な、刻々として1秒も休むことのない流れが維持され 、止むことのない新陳代謝が維持され、それによって、人間の各組織、及びそれぞれの働きが十全に維持されますが 、これを医学的には恒常性(Homeostasis ホメオスタシ ス)維持といいます。

一般用語では健康維持といいます。

アトムレベルの栄養バランス、いわゆるアトムバランス栄養食を日常性の中に取り込むことで、恒常性維持、いわゆ る健康維持を計ります。



●アトムバランス栄養食は多くの有名大学教授や研究者の共同研究開発で生まれました!


越浦良三先生
薬学博士
北陸大学名誉教授、元学長  越浦良三先生

栃久保修先生

医学博士
横浜市立大学大学院 医学研究科 情報システム予防医学 特任教授  栃久保修先生

並木先生

理学博士
早稲田大学 教育・総合科学学術院教授  並木秀男先生

サプリメント ランキングに参 加してます



 
「いいね」お願いします!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 




⇒TOPページに戻る





 


お支払い方法は、銀行振込み(ゆうちょ銀行)(前払い)、ゆうちょ振替(前払い)、PayPal(クレジットカード決済)、代引、後払いの中からお選びください。(商品によってはご利用いただけないお支払い方法がありますので、各商品ページにてご確認下さい。)

●銀行振込み(ゆうちょ銀行)、ゆうちょ振替(前払い):振替手数料が発生する場合はご負担下さい。

●PayPal(クレジットカード決済):クレジットカードの種類は(VISA、Master、AMEX、JCB)です。

●代引:宅配業者に商品と引換えに現金でお支払いください。

●後払い:コンビニ・郵便振替・銀行振込にてご請求後14日以内のお支払いです。

配送方法:

ヤマト運輸または郵送の場合

送料は全国一律550円(税込)、代引手数料は全国一律330円(税込)が別途かかりますが、発送先1ヶ所のお買上げ商品代金合計が6,000円(税込)以上の場合、送料・代引手数料は無料です。

後払い決済手数料は330円(税込)が別途かかりますが、発送先1ヶ所のお買上げ商品代金合計が6,000円(税込)以上の場合、送料・後払い決済手数料は無料です。





⇒TOPページに戻る