カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介

私が店長です
はじめまして!


中村大次(健康管理士一般指導員)と申します。


あなたは「腸内細菌」、「腸内フローラ」、「善玉菌」、「悪玉菌」、「腸活」といった言葉を聞かれたことありますか?


ここ数年、多くのメディアでも取り上げられ今とても注目されていますネ。


それは何故か?


実は、腸内細菌善玉菌の働きは、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、心臓病、脳卒中、がん…)を予防するからなのです!


「医療に頼らず、健康で、長生きする」ことは、老若男女問わず、誰もが願うことです。


いくらお金持ちでも、社会的地位や名誉があっても、「健康」でなければ本当に幸せとはいえません。


では「医療に頼らず、健康で、長生きする」ためには、何をすればよいでしょう?


それは「腸内フローラ」を「善玉菌状態」にすることです。


では「腸内フローラ」を「善玉菌状態」にするにはどうすれば良いのでしょうか?


一般的には「乳酸菌」が良いといわれています。


しかし、「乳酸菌」といっても多種多様、どれも同じではありません。


『腸内フローラ』への関心が高まり、一億総乳酸菌摂取時代に突入した今、多様な乳酸菌群の中から、どれを選択すべきか、一日にどれだけ摂取すべきかが問われています。


これがとても重要なのです。


当店がおススメしている スーパーエリート乳酸菌『エンテロコッカスフェカリスAD101株』通称『コッカス菌』は、今から40年以上も前にヒトの腸内より発見されました。(他の多くの市販されている乳酸菌は、豚、牛、羊など動物の腸内から発見されたものがほとんどです。)


そして、多くの医師・専門家の研究によってヒトの健康に優れた働きをしていることが科学的に証明され、12以上もの特許を取得した優れた乳酸菌です。


一般的には「フェカリス菌」という名称で呼ばれています。


今では、このフェカリス菌は、みなさんの身近な多くの食品や飲料に入れられてコンビニやスーパーで販売されています。


しかし、同じフェカリス菌でもその菌株によって性質は大きく違い、飲む量によっても健康に与える影響は大きく違ってきます。


「乳酸菌」を選ぶポイントは、「乳酸菌」の『菌株』と『菌数』です。


私は、金沢市在住でスーパーエリート乳酸菌『コッカス菌』研究の国内第一人者である越浦良三先生(元北陸大学学長、薬学博士)と出会い、先生の強い信念に共感し、その想いを少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。


そこで、スーパーエリート乳酸菌『コッカス菌』に関することを先生に直接学びながら、多くの人に、科学的エビデンスを元に真実をお伝えしています。


先生は、現在、満98歳です。【2022年(令和4年)7月現在】


コッカス菌研究で国内最長老の先生の願いは、乳酸菌についてもっと多くの人に正しく理解してもらい、体の中から健康で病気にならない強い身体を作り上げてほしいというものです。


「コッカス菌を飲んでおれば、ヒトは健康で長生きできる。」というのが先生の強い信念、持論です。


はじめて、スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」のことをお聞きになるという方は、 スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」とは一体どんなものなのか? 


何故「コッカス菌」が体に良いのか?


他の多くの乳酸菌とどう違うのか?


何故、これ程優れたものが余り知られていないのか?(実は40年以上も前に発見されて以来、全国で300万人以上に愛用されている隠れた超ベストセラー・ロングセラー商品なのです。)


等々、素朴な疑問が次々と湧いて出て来ることと思います。


そこで、なるべくわかりやすくご説明させていただきたいと思います。


そして、一人でも多くの人が、私たちの腸内フローラにとってとても重要な乳酸菌、腸内細菌について正しい認識を持ち、健康で長生きしていただきたいと思っています。


スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」は、あたなとあなたの大切な家族を腸内から強力にサポートしてくれます。


当店では、元北陸大学学長、薬学博士、コッカス菌研究国内第一人者の越浦良三先生がご推薦されている優良品をおすすめしています。


「コッカス菌」パワーは本当に凄いんです。


宜しくお願い致します。


中村大次


PS.
乳酸菌は一般に健康に良いと思われていますが、乳酸菌と一口に言っても様々な種類があります。


ほとんどの人は、どれも同じだと思っています。


しかし、これは大きな間違いです。


乳酸菌はどれも同じではありません。


同じ人間でも100mを9秒台で走ることのできる天才スプリンターもいますが、ほとんどの人は9秒台では走れません。


コッカス菌がスーパーエリート乳酸菌またはアインシュタイン菌と呼ばれる理由は、他のどの乳酸菌より優れているからです。


12以上の特許取得済み、数々の科学的エビデンスがそれを証明しています。


そして、同じエンテロコッカスフェカリス属の乳酸菌は、 既に多くの大手食品メーカー、飲料メーカー、製薬会社等がそれぞれ独自製品を開発し、販売しています。


これは、実に喜ばしいことです。


越浦先生も、とても喜んでおられます。


只、まだほとんどの人は、広告宣伝に翻弄され、どんな乳酸菌製品を飲めば本当に健康に良いのだろうと戸惑っているのではないでしょうか。


コッカス菌メーカーの販売方針は、広告宣伝を一切しない というのが基本です。


ですから、本来、ほとんどの人は、コッカス菌の存在すら知らないと言ってよいでしょう。(繰り返しになりますが、実は40年以上も前に発見されて以来、全国で300万人以上に愛用されている隠れた超ベストセラー・ロングセラー商品なのですが…。)


たまたま当サイトを訪問して下さって、これをご覧になられている方とは、まさに奇跡の「出会い」です。


せっかくのあなたとの奇跡の「出会い」ですから、あなたには決して表には出てこない乳酸菌の真実の世界、コッカス菌の真実をお教えします。


この「出会い」に感謝いたします。


長くなりましたが、これから楽しく乳酸菌について、腸内フローラについて、ご一緒に学びましょう♪♪


そして「医療に頼らず、健康で、長生きする」ことを目指しましょう♪♪


末長く、宜しくお願い致します。
フリーページ
お客様の感想・体験談



Check


抗生物質を飲んだ後は、コッカスを多めに飲んで
下さい!!


抗生物質を飲んだ後や食生活が乱れた時は、腸内細菌善玉菌も死滅するので、コッカスを多めに飲んで善玉菌を増やして下さい!!

(以下、日本経済新聞の記事です。)
腸内細菌バランス大切に


【腸内細菌バランス大切に:抗生物質や食習慣で乱れ】

健康の維持に大切な役割を果たしていると考えられる腸内細菌

人間の腸には約1千種類も存在し、腸内細菌のバランスの乱れとアレルギーなどの病気との関係もはっきりしてきた。

一方で遺伝子解析技術の進展などから従来の善玉菌や悪玉菌といった分け方の枠に収まらない性質も見え始めている。

食生活の乱れや抗生物質の使いすぎなどでバランスを乱さないことが大切だ。

「抗生物質で腸内細菌のバランスが崩れると、ぜんそくが悪化する仕組みを動物実験で明らかにできた」。

筑波大学医学医療系の渋谷彰教授はこう話す。

マウスに抗生物質を与えると乳酸菌などが減る一方でカビの一種であるカンジダ菌が作り出す物質が血液を通じて大量に肺に達し、ぜんそくがひどくなった。

抗生物質の種類によって異なるが、最も多い場合は2週間で腸内のカンジダ菌が通常の100万倍に増えた。

【刺激で育つ免疫力】
腸は口から入る食物などを介して直接、体外に通じていて、病原菌の攻撃にもさらされやすい。

「人間を病気から守る免疫細胞の7割は腸に集まっている」(渋谷教授)

腸内細菌が腸に住み着くことが刺激になって免疫力を育てるとともに、免疫の働きを助けていると考えられている。

抗生物質は感染症の治療には有効だが、使いすぎると関係のない腸内細菌を殺す影響でバランスが崩れる危険もあるわけだ。

腸内細菌のバランスを崩す原因は、抗生物質の投薬など医療行為だけではない。

食習慣やストレスなど生活習慣からの影響も大きい。

厚生労働省の健康情報サイト「e-ヘルスネット」でもこうした影響を指摘、腸内細菌のバランスを保つことが健康に大切と訴える。

腸内細菌研究の草分けとしてしられる光岡知足東京大学名誉教授は、著書でビフィズス菌などの善玉菌を多く含むヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品、また善玉菌の働きをよくすると考えられている食物繊維やオリゴ糖を多く含む食品をとることが効果的としている。

さらに「乳幼児期にどれだけ多くの細菌に接しているかも大切と分かってきた」(渋谷教授)。

腸内細菌は母親の胎内にいる間は存在せず、生まれた後に口にする食べ物などを通じて体内に入り、腸に定着する。

出生直後の乳児は20〜30種類の腸内細菌しかないが、離乳食を食べ始める2歳児になると急速に増えて大人に近くなり、その後は15〜20歳頃までなだらかに種類が増える。

急増する時期に清潔すぎる環境に置くと腸内細菌の種類が十分増えず、大人になってからもバランスが悪いままになる危険性がある。

幼児期に屋外で土を触って遊んだり、おもちゃをしゃぶったりする経験は大切だ。

【悪玉菌にも役割】
遺伝子解析技術の向上で、これまで一部しか分かっていなかった腸内細菌の種類や働きの解明も進展した。

善玉菌や悪玉菌の役割についても、これまでの常識にとどまらない発見がされている。

例えばこれまで悪玉菌とされてきたクロストリジウム属菌は、免疫が働きすぎないようにするT細胞を制御する大切な役割をしている。

しかも単一の腸内細菌ではなく17種類の細菌が協力してはじめて力を発揮する。

理化学研究所と共同でこの働きを見つけた東京大学オーミクス情報センター長の服部正平教授は「腸内細菌が個別の働きではなく集団になることで役割を果たしている」と説明する。

善玉菌の代表とされるビフィズス菌についても不思議なことが分かってきた。

理由は未解明だが、日本人の腸にいるビフィズス菌は欧米や中国など海外に比べておよそ10倍と突出して多いのだ。

ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー、糖尿病といった生活習慣病など腸内細菌のバランスの乱れが影響していると考えられる病気は少なくない。

安倍晋三首相が最初の在任時に退く原因となった潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患もそうだ。

病気によって腸内細菌の構成パターンに特徴があることも分かってきた。

例えば糖尿病患者の腸内細菌の構成は、健康な人の腸内細菌とは異なる共通の特徴を持っている。

腸とは無縁に見える自閉症などにも特有のパターンが見つかるという。

「我々が思っている以上に様々な病気に関係している可能性がある」と服部教授は指摘する。

こうした研究が進めば、将来、腸内細菌のパターンを調べることで病気になる危険性を診断できる可能性もある。

病気治療に腸内細菌の力を生かそうという研究も始まっており、健康増進にとどまらない活用が期待できそうだ。(編集委員 小玉)(2014年3月16日 日本経済新聞 SUNDAY NIKKEI)

 
「いいね」お願いします!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 




⇒TOPページに戻る





 


お支払い方法は、銀行振込み(ゆうちょ銀行)(前払い)、ゆうちょ振替(前払い)、PayPal(クレジットカード決済)、代引、後払いの中からお選びください。(商品によってはご利用いただけないお支払い方法がありますので、各商品ページにてご確認下さい。)

●銀行振込み(ゆうちょ銀行)、ゆうちょ振替(前払い):振替手数料が発生する場合はご負担下さい。

●PayPal(クレジットカード決済):クレジットカードの種類は(VISA、Master、AMEX、JCB)です。

●代引:宅配業者に商品と引換えに現金でお支払いください。

●後払い:コンビニ・郵便振替・銀行振込にてご請求後14日以内のお支払いです。

配送方法:

ヤマト運輸または郵送の場合

送料は全国一律550円(税込)、代引手数料は全国一律330円(税込)が別途かかりますが、発送先1ヶ所のお買上げ商品代金合計が6,000円(税込)以上の場合、送料・代引手数料は無料です。

後払い決済手数料は330円(税込)が別途かかりますが、発送先1ヶ所のお買上げ商品代金合計が6,000円(税込)以上の場合、送料・後払い決済手数料は無料です。





⇒TOPページに戻る