カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介

私が店長です
はじめまして!


中村大次(健康管理士一般指導員)と申します。


あなたは「腸内細菌」、「腸内フローラ」、「善玉菌」、「悪玉菌」、「腸活」といった言葉を聞かれたことありますか?


ここ数年、多くのメディアでも取り上げられ今とても注目されていますネ。


それは何故か?


実は、腸内細菌善玉菌の働きは、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、心臓病、脳卒中、がん…)を予防するからなのです!


「医療に頼らず、健康で、長生きする」ことは、老若男女問わず、誰もが願うことです。


いくらお金持ちでも、社会的地位や名誉があっても、「健康」でなければ本当に幸せとはいえません。


では「医療に頼らず、健康で、長生きする」ためには、何をすればよいでしょう?


それは「腸内フローラ」を「善玉菌状態」にすることです。


では「腸内フローラ」を「善玉菌状態」にするにはどうすれば良いのでしょうか?


一般的には「乳酸菌」が良いといわれています。


しかし、「乳酸菌」といっても多種多様、どれも同じではありません。


『腸内フローラ』への関心が高まり、一億総乳酸菌摂取時代に突入した今、多様な乳酸菌群の中から、どれを選択すべきか、一日にどれだけ摂取すべきかが問われています。


これがとても重要なのです。


当店がおススメしている スーパーエリート乳酸菌『エンテロコッカスフェカリスAD101株』通称『コッカス菌』は、今から40年以上も前にヒトの腸内より発見されました。(他の多くの市販されている乳酸菌は、豚、牛、羊など動物の腸内から発見されたものがほとんどです。)


そして、多くの医師・専門家の研究によってヒトの健康に優れた働きをしていることが科学的に証明され、12以上もの特許を取得した優れた乳酸菌です。


一般的には「フェカリス菌」という名称で呼ばれています。


今では、このフェカリス菌は、みなさんの身近な多くの食品や飲料に入れられてコンビニやスーパーで販売されています。


しかし、同じフェカリス菌でもその菌株によって性質は大きく違い、飲む量によっても健康に与える影響は大きく違ってきます。


「乳酸菌」を選ぶポイントは、「乳酸菌」の『菌株』と『菌数』です。


私は、金沢市在住でスーパーエリート乳酸菌『コッカス菌』研究の国内第一人者である越浦良三先生(元北陸大学学長、薬学博士)と出会い、先生の強い信念に共感し、その想いを少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。


そこで、スーパーエリート乳酸菌『コッカス菌』に関することを先生に直接学びながら、多くの人に、科学的エビデンスを元に真実をお伝えしています。


先生は、現在、満97歳です。【2021年(令和3年)7月現在】


コッカス菌研究で国内最長老の先生の願いは、乳酸菌についてもっと多くの人に正しく理解してもらい、体の中から健康で病気にならない強い身体を作り上げてほしいというものです。


「コッカス菌を飲んでおれば、ヒトは健康で長生きできる。」というのが先生の強い信念、持論です。


はじめて、スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」のことをお聞きになるという方は、 スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」とは一体どんなものなのか? 


何故「コッカス菌」が体に良いのか?


他の多くの乳酸菌とどう違うのか?


何故、これ程優れたものが余り知られていないのか?(実は40年以上も前に発見されて以来、全国で300万人以上に愛用されている隠れた超ベストセラー・ロングセラー商品なのです。)


等々、素朴な疑問が次々と湧いて出て来ることと思います。


そこで、なるべくわかりやすくご説明させていただきたいと思います。


そして、一人でも多くの人が、私たちの腸内フローラにとってとても重要な乳酸菌、腸内細菌について正しい認識を持ち、健康で長生きしていただきたいと思っています。


スーパーエリート乳酸菌「コッカス菌」は、あたなとあなたの大切な家族を腸内から強力にサポートしてくれます。


当店では、元北陸大学学長、薬学博士、コッカス菌研究国内第一人者の越浦良三先生がご推薦されている優良品をおすすめしています。


「コッカス菌」パワーは本当に凄いんです。


宜しくお願い致します。


中村大次


PS.
乳酸菌は一般に健康に良いと思われていますが、乳酸菌と一口に言っても様々な種類があります。


ほとんどの人は、どれも同じだと思っています。


しかし、これは大きな間違いです。


乳酸菌はどれも同じではありません。


同じ人間でも100mを9秒台で走ることのできる天才スプリンターもいますが、ほとんどの人は9秒台では走れません。


コッカス菌がスーパーエリート乳酸菌またはアインシュタイン菌と呼ばれる理由は、他のどの乳酸菌より優れているからです。


12以上の特許取得済み、数々の科学的エビデンスがそれを証明しています。


そして、同じエンテロコッカスフェカリス属の乳酸菌は、 既に多くの大手食品メーカー、飲料メーカー、製薬会社等がそれぞれ独自製品を開発し、販売しています。


これは、実に喜ばしいことです。


越浦先生も、とても喜んでおられます。


只、まだほとんどの人は、広告宣伝に翻弄され、どんな乳酸菌製品を飲めば本当に健康に良いのだろうと戸惑っているのではないでしょうか。


コッカス菌メーカーの販売方針は、広告宣伝を一切しない というのが基本です。


ですから、本来、ほとんどの人は、コッカス菌の存在すら知らないと言ってよいでしょう。(繰り返しになりますが、実は40年以上も前に発見されて以来、全国で300万人以上に愛用されている隠れた超ベストセラー・ロングセラー商品なのですが…。)


たまたま当サイトを訪問して下さって、これをご覧になられている方とは、まさに奇跡の「出会い」です。


せっかくのあなたとの奇跡の「出会い」ですから、あなたには決して表には出てこない乳酸菌の真実の世界、コッカス菌の真実をお教えします。


この「出会い」に感謝いたします。


長くなりましたが、これから楽しく乳酸菌について、腸内フローラについて、ご一緒に学びましょう♪♪


そして「医療に頼らず、健康で、長生きする」ことを目指しましょう♪♪


末長く、宜しくお願い致します。
フリーページ
お客様の感想・体験談



Check


          消化管は人体最大の免疫装置


        消化管の長さは約10m
 
 
 

従来、食べた物を消化して栄養分の吸収、そして食べ物の残がいを排泄するのが主な役割と

考えられてきました。



しかし、1999年9月25日、東京プリンスホテルにて、第二回日本臨床腸内微生物学会(会長、

日本大学医学部第三内科、岩井重富教授)が開催され、その特別講演で炭山嘉伸博士(東邦

大学外科学第三講座)は、「腸内細菌叢の変動とMRSA」という演題で次のような趣旨の話を

されています。



「…消化管は消化吸収の場であるとともに、その感染防御機構が注目されている。消化管の

感染防御機構の一つは免疫機構であり、(中略)、消化管は人体最大の免疫装置といわれている。

消化管の感染防御機構のもう一つは腸内細菌叢であり、100兆個といわれる腸内細菌が、

外来菌の侵入・増殖を阻止し、さらに、前述の免疫系を刺激し、賦活している。…」



つまり、消化管の機能とは、一般的に、消化・吸収・排泄が主でしたが、この特別講演の

内容から、人体最大の免疫装置であるということが分かってきました。



しかし、消化管が人体最大の免疫装置であっても、約10mの消化管に約100兆個、約1000g〜

1500gの腸内細菌が棲みついているわけですから、善玉菌と悪玉菌のバランスが悪ければ、

免疫装置も十分に稼働できません。



この免疫装置を十分に発揮させるためには、常に消化管に定着する腸内フローラのバランス

を良い状態に保つことが重要なのです。



消化管は人体最大の免疫装置です!



消化管の長さは約10m。



従来、食べた物を消化して栄養分の吸収、そして食べ物の残がいを排泄するのが主な役割

と考えられてきました。



しかし、1999年9月25日、東京プリンスホテルにて、第二回日本臨床腸内微生物学会

(会長、日本大学医学部第三内科、岩井重富教授)が開催され、その特別講演で

炭山嘉伸博士(東邦大学外科学第三講座)は、「腸内細菌叢の変動とMRSA」という演題で

次のような趣旨の話をされています。



「…消化管は消化吸収の場であるとともに、その感染防御機構が注目されている。消化管の

感染防御機構の一つは免疫機構であり、(中略)、消化管は人体最大の免疫装置。



消化管の感染防御機構のもう一つは腸内細菌叢であり、100兆個といわれる腸内細菌が、

外来菌の侵入・増殖を阻止し、さらに、前述の免疫系を刺激し、賦活している。…」



つまり、消化管の機能とは、一般的に、消化・吸収・排泄が主でしたが、この特別講演の

内容から、人体最大の免疫装置であるということが分かってきました。



しかし、消化管が人体最大の免疫装置であっても、約10mの消化管に約100兆個、

約1000g〜1500gの腸内細菌が棲みついているわけですから、善玉菌と悪玉菌のバランスが

悪ければ、免疫装置も十分に稼働できません。



この免疫装置を十分に発揮させるためには、常に消化管に定着する腸内フローラの

バランスを良い状態に保つことが重要なのです。



(参考文献)
ガンに克つ!!驚異の腸内細菌パワー 
越浦 良三 (監修) 2000/10



 
「いいね」お願いします!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 




⇒TOPページに戻る





 


お支払い方法は、銀行振込み(ゆうちょ銀行)(前払い)、ゆうちょ振替(前払い)、PayPal(クレジットカード決済)、代引、後払いの中からお選びください。(商品によってはご利用いただけないお支払い方法がありますので、各商品ページにてご確認下さい。)

●銀行振込み(ゆうちょ銀行)、ゆうちょ振替(前払い):振替手数料が発生する場合はご負担下さい。

●PayPal(クレジットカード決済):クレジットカードの種類は(VISA、Master、AMEX、JCB)です。

●代引:宅配業者に商品と引換えに現金でお支払いください。

●後払い:コンビニ・郵便振替・銀行振込にてご請求後14日以内のお支払いです。

配送方法:

ヤマト運輸または郵送の場合

送料は全国一律550円(税込)、代引手数料は全国一律330円(税込)が別途かかりますが、発送先1ヶ所のお買上げ商品代金合計が6,000円(税込)以上の場合、送料・代引手数料は無料です。

後払い決済手数料は330円(税込)が別途かかりますが、発送先1ヶ所のお買上げ商品代金合計が6,000円(税込)以上の場合、送料・後払い決済手数料は無料です。





⇒TOPページに戻る